「ほっ」と。キャンペーン
> 最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
カテゴリ:MotorSports( 86 )
F1総集編
18日に総集編あったみたいですが今日知りました。
誰か録画してません?
[PR]
by kawamuratch | 2005-12-22 14:47 | MotorSports
ついに現実に
2年にも及ぶバトン問題も日本人にとっては
バッドエンディングを迎えてしまいました。

B・A・R Hondaが2006年のドライバーを発表

しかし・・・

ファンの皆さんへ


来シーズンのラインナップに関する今日の発表については驚いていませんが、
この内容にはひどく落胆しています。
現在の状況には思うところがたくさんありますし、
僕自身の意見もありますが、今はコメントすべき時期ではないと考えます。
ファンの皆さんが今も変わらない期待を寄せてくださることに感謝するとともに、
あまりお待たせせずに朗報をお届けできることを楽しみにしています。

佐藤琢磨


これは何を意味しているのか!?
ウィリアムズ?ミッドランド?もしかしてBMW?
なんでもいいからニック・フライを見返してやれ!
[PR]
by kawamuratch | 2005-09-22 00:33 | MotorSports
ストーブリーグに動きが・・・
F1ストーブリーグに動きがありました。


ハイドフェルド、来季『新生BMW・チーム』へ


16日(金)、BMWモータースポーツのマリオ・タイセン/ディレクターは、
現ウィリアムズのニック・ハイドフェルド(28歳:ドイツ)が、
新しいBMW・チーム(現ザウバー)に移籍することを明らかにした。



と、いうことはウィリアムズに空きができるわけで・・・


ウィリアムズ、バトン手放さず!!


別掲のようにニック・ハイドフェルドの来季BMW新チームへの移籍が決まったが、
これは同選手のオプション権を持っていたウィリアムズ・チームが、
これを行使しなかったことを意味するものだ。(15日が期限だった)
もしオプション権を行使してハイドフェルドを確保した場合には、
すでに同チームには2006年も契約が有効なマーク・ウェバーがいるため、
ウェバー&ハイドフェルドという組み合わせになって
ジェンソン・バトンの居場所がなくなるところだった。
しかしこれを行使しなかったということは、依然としてフランク・ウィリアムズ氏が
ジェンソン・バトンを自チームに置こうという意志を表したものと言える。



そして・・・


これがさらに連結してバトンのウィリアムズ移籍、
そして佐藤琢磨のB.A.Rチーム残留ということになれば
日本のファンには吉報となるのだが。



今日は「日本人には喜ばしいニュースがある」と言われた噂のXデーです。
このことでしょうか・・・


もしくは


琢磨⇒ウィリアムズ⇒2007年ウィリアムズ・ホンダ復活!でもいいよ。
[PR]
by kawamuratch | 2005-09-16 16:37 | MotorSports
DTM vs F1
b0009635_120282.jpg

アルバースvsハッキネン

元DTMドライバーで今季ミナルディからF1参戦するクリスチャン・アルバースと、元F1ドライバーであり今季DTMで活躍するミカ・ハッキネンが、F1マシンとDTMのマシンでのタイムトライアルをすることが発表されている。
アルバースはミナルディ・コスワースを、ミカ・ハッキネンはDTMのメルセデス・ベンツをそれぞれ5ラップしてタイムを計測するというもので、このイベントは8月28日にオランダで開催される。


これは面白そうなイベントですね。
いくらミカとは言え、F1には勝てないのでは?
もっともミナルディが完走すればの話ですが・・・

そういや昔、何かのビデオで市販車とF1(セナ!)がレースするのを見ました。
サーキットはヘレスかエストリルだったと思います。
※記憶が曖昧なので間違ってたらすみません。

まず誰かがホンダ・コンチェルトでスタートして、
このときセナはコクピットでコーヒーを飲んでました(余裕)

その数十秒後にポルシェのターボモデルがスタート、
ドライバーは当時マクラーレンホンダのテストドライバーだった
アラン・マクニッシュだったと思います。
このときマクラーレンホンダのタイヤウォーマーが外される。

コンチェルトがスタートして約1分後にセナがスタート。
最終コーナー手前でポルシェがコンチェルトを抜いたんですけど、
結局最終コーナーでセナが2台ともブチ抜いてトップでゴール。

F1はコーナースピードが全然違うんですよ。
いくらDTMのマシンでも直線はもちろん、
F1のコーナーリングスピードには勝てないのでは?

追記

『F1vsDTM』対決はラップタイム差勝負

8月28日(日)にザンドフールトで行われる予定の『F1vsDTM』対決は、クリスチャン・アルバース操るミナルディ・コスワースと、ミカ・ハッキネン操るメルセデスDTMがそれぞれ5ラップほどを周回。ファンがそれぞれのラップタイム差を予想するというイベント内容になるようだ。

いくらミナルディとはいえ(!)当然F1マシンのほうが速い訳で、ちなみに同じホッケンハイムで行われた今年のイベントでは、DTMのポールタイムが1'34.648(ベルント・シュナイダー)、一方F1では1'14.320(キミ・ライコネン)となっている。(アルバース/ミナルディの予選タイムは1'17.519だった)
なおアルバースは、2003年のDTMシリーズでベルント・シュナイダーに続くランキング第2位になっている。

[PR]
by kawamuratch | 2005-08-10 11:53 | MotorSports
頑張れ!ライコネン!
アロンソが逆転勝利! バトンは今季初表彰台! F1-Live.com

そして琢磨は今回もノーポイント・・・(´・ω・`)

■佐藤琢磨 12位
今日の結果はとても残念です。
沢山の燃料を積んで予選に臨んでいたので、
レースでは良い結果を獲得できると思っていました。
第1コーナーで小さな接触がありましたが、
マシンには影響ありませんでした。
普通全開で走る第3コーナーでフィジケラの後についていたところ、
彼が何故かスロットルを戻したらしく
避けられず追突してしまいました。

まさか例のボタン?

ともあれライコネンは不運としか言いようがありません。
チャンピオンシップも危機的状況となってきましたが、
残り全部勝ってぜひチャンピオンを取って欲しいものです。

ここで質問!
あなたはアロンソ・ライコネンどっちがチャンピオンになって欲しい?
[PR]
by kawamuratch | 2005-07-25 10:44 | MotorSports
琢磨ピーンチ!
今のところ唯一のノーポインター Takuma Sato ですが・・・

D.ウェルドン、佐藤琢磨の後釜に? Nifty F1

目下IRL(インディ・レーシング・リーグ)をリードする
ダン・ウェルドン(27歳:イギリス)が
「現在2つのF1チームからオファーがある」と
デトロイトの地元紙に語り、注目されている。

噂ではその2チームはB.A.Rとウィリアムズで、
中でもB.A.Rチームとはバトンが移籍した場合、
また佐藤琢磨がこのまま不振に終わった場合
そのシートに就くという、
具体的な情報までささやかれている。

まぁ当然と言えば当然なんですが・・・
仮にBARを放出されたらどこが誘ってくれるのか・・・
[PR]
by kawamuratch | 2005-07-22 11:46 | MotorSports
BAR・HONDAのステアリング
こんな感じになっているそうです。

左下に琢磨が押しちゃったKILLスイッチが・・・・

b0009635_10424211.jpg
[PR]
by kawamuratch | 2005-07-12 10:43 | MotorSports
モントーヤ移籍後初勝利!
モントーヤが今季初優勝! - F1-Live.com -

地上波では「コロンビアの暴れん坊」とか呼ばれていますが
ロケットスタートから終始安定したレース運びは
まさにプロフェッサー[アラン・プロスト]を彷彿させる走りでした。
キミも速くてやっぱりマクラーレン>>ルノーかな。

トヨタは予選はそこそこでもレースペースは・・・
早急に改善しないと後半戦は去年の位置に戻ってしまいますよ。

今期、いまだに唯一のノーポインターであるTakuma Satoですが、
地上波では「ギアボックストラブル」と紹介されておりました。
(余談だが亜久里さんが「駆動系」と言ってたのを聞いて笑ったのは俺だけ?)

ですが真実は・・・

b0009635_1338519.jpg

琢磨、ストールの原因はミス - F1GPNews

さすがマンセルライトと呼ばれているだけありますね。
レース終了後のインタビューで(´・ω・`)としてたのでおかしいと思いました。

次は頼むで!
[PR]
by kawamuratch | 2005-07-11 13:38 | MotorSports
F1 フランスGP
ヨーロッパラウンド開幕!

アロンソが完全勝利! 琢磨は展開に恵まれず - F1-Live.com

ほとんど寝てました。
これでレギュラードライバーでノーポイントは
我らがTakuma Satoだけになってしまいました。

8位完走1ポイントとかセコいポイントはいいから
リタイヤしても魅せるレースをしてくれ!

あとポールリカールでやってくれないかね?
[PR]
by kawamuratch | 2005-07-04 11:09 | MotorSports
アメリカGPまとめ
事件を簡単にまとめてみました。

【事前知識】

今年のF1は2つのタイヤメーカーが参戦している
ブリジストン:フェラーリ、ジョーダン、ミナルディ
ミシュラン:BAR、ルノー、ウィリアムズ、マクラーレン、ザウバー、レッドブル、トヨタ

今年のレギューレーション(規定)では土曜日の予選、日曜日の決勝を
1セットのタイヤで走りきらなければならない
パンク、アクシデント等でタイヤ交換が必要となった場合は
ペナルティが課せられる。

【顛末】

金曜日
フリー走行にてトヨタのラルフが高速コーナーで大クラッシュ、
調査の結果、原因はミシュランタイヤとの判断。
持ってきたタイヤでは10周くらいしか「もたない」モノだったらしい。
1周のみの予選は大丈夫だが、73周の決勝は最後まで走破できないらしいのだ。

ミシュランは急遽、フランスより別のタイヤを空輸させる手続きを取るが、
土曜日の予選には間に合わず、予選~決勝を同一タイヤで走破するという
上記レギュレーションに違反することになる。
ミシュランはFIAに直訴するが、これは却下。
FIAの言い分は「10周おきにピットインしてタイヤ交換せよ」だった。

次にミシュラン(トヨタが言い出したようです)は
コース内にわざとスピードを落とすよう、シケインを設置するよう提案、
これはフェラーリにより却下されたらしい。
これだけ見るとフェラーリが悪者に見えるが、そりゃそうだろう。
既に土曜日に1周のみの予選が行われ、
ポールポジションはミシュランユーザーのヤルノ(トヨタ)、
ブリジストンユーザーのフェラーリは5位、7位がやっとである。

妥協案としてブリジストンユーザーが先にスタートし、
その後、ミシュランユーザーがスタートする案も出たがこれも却下。

その他、危険な高速コーナーを追い越し禁止のイエローゾーンにして、
減速を促せるようにするという案、これも却下。
アメリカGPをチャンピオンシップから除外し、ノーポイントレースにする案、
これは観客、ファン、スポンサーに対しての配慮だと思うがこれも却下。

結果、何も決まらないまま時間となり、フォーメーションラップ開始
b0009635_1723491.jpg


いつも通り、レースが始まるかと思ったらミシュランユーザー全車ピットインb0009635_16574520.jpg
ええ~!?

そして6台のブリジストンユーザーのみでレーススタート

b0009635_16583888.jpg
(゚д゚)ポカーン

地上波では何の説明もなく、現地の観客にもアナウンスは無かった模様、
グリッド上ではドライバー、チーム関係者はわかっていたようです(バリチェロ談

仮に10周しかもたないタイヤでレースをしていたらどうなるだろう?
ましてやアメリカGPが行われたインディアナポリスは超高速コースなのだ。
ヨーロッパGPのライコネンのような事故が起こっても不思議ではない。

今回誰が悪いのか?
フェラーリを責めるのは大きな勘違いであり、
こんなレギュレーションを作ったFIAにも文句を言いたいが、
今年はずっとこのレギュレーションでやってきたわけで、
それに対応できなかったミシュランが悪いと思う。
経験、データ量等は抜きにして、ブリジストンはしっかり対応してきている。

ともあれ終わったことはしょうがないです。
今後のミシュランタイヤの進化に期待しましょう。
[PR]
by kawamuratch | 2005-06-20 16:55 | MotorSports
   

ペルクラ・アネモネフィッシュ
by kawamuratch
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧